セロトニンが出るような生活が健康の源

セロトニンが出るような生活が健康の源

 

セロトニンは特別な薬という訳ではなく、人間の体内で生成されるものです。

 

同じように体内で分泌されるノルアドレリンやドーパミンといった感情を高ぶらせるような要素とは反対に気持ちを落ち着かせる方向に働くのがセロトニンなのです。

 

セロトニン不足だと暴力的になったり、うつ状態になったりという風に心のバランスが崩れてしまうということがあります。

 

セロトニンを生成するもととなるのはトリプトファンという物質です。

 

セロトニンが不足をすると疲れやすい、ボーとなる、集中力に欠けるなどの症状や、いらいらする、切れやすくなるということにもなります。偏頭痛やストレス状態になるということにもつながり、身体や精神の様々な分野でいろいろなマイナスの症状となって表れてくるのです。

 

こうしたことの結果、うつ病になり自殺するということにもつながりかねない危険性も秘めているのです。

 

こうした原因には現在の生活スタイルが大きく影響していると考えられています。

 

例えば、コンピューターやスマートフォンなどの画面を見る時間の長さや、テレビ、ゲームのやりすぎ、運動不足、夜ふかしで朝起きられないなどの生活態度が原因の一つとして挙げられています。

 

セロトニン神経の活動には日光が大きな影響を受けます。家の中でゲームだけしているような遊び方では日中に日光を浴びる機会がどうしても減ってしまいます。うつなどの場合にもとにかく朝、太陽が出たら外に出て陽の光に当たることが重要だと言われています。

 

セロトニンを増やすには朝きちんと起きて陽の光を浴びることから