セロトニンを増やす方法

セロトニンを増やす方法

 

セロトニンは、精神のバランスを整える神経伝達物質です。三大神経伝達物質の一つとされています。

 

他には、ノルアドレナリンとドーパミンがあります。ノルアドレナリンは、交感神経が活性化して怒りや不安や緊張などの興奮状態で分泌されるものです。

 

ドーパミンは、やる気や集中力が高まり快感を感じるポジディブな状態で分泌されるものです。その二つのバランスを整えるのがセロトニンです。

 

とても重要な働きをしているのです。セロトニンは、そのほかにも様々なものをコントロールしています。感情やストレスなどに加え、睡眠との関係も深いのです。

 

疲れているのになかなか眠れなかったり、眠りが浅くて夜中に何度も目が覚めてしまったり、朝起きてもまだ疲れが残っているなどの不眠の症状に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

 

私の場合は、布団に入ってから睡眠に入るまでに1時間以上はかかります。明日のために寝なければならないという焦りがさらに寝付きを妨げるのです。そんな状態を改善させるために、セロトニンを増やす方法について注目してみました。

 

食べ物についてですが、トリプトファンとビタミンB6が効果的です。トリプトファンは、乳製品、豆類、ナッツ類、卵などに多く含まれます。ビタミンB6は、レバー、豚肉、魚などに多く含まれます。どれも手軽に食生活に取り入れやすいものばかりです。

 

トリプトファンはセロトニンを作るために必要な原料です。セロトニンは脳内で、神経から神経に情報を伝わっていくときに働く「神経伝達物質」と言われる物質になります。セロトニンは別名「幸せホルモン」。セロトニンには幸福感を増してくれる作用があるんですよ。一方で、セロトニンが不足するとうつ病を発症してしまうこともわかっています。うつ病の治療薬の一つにSSRIという薬がありますが、この薬は脳内でセロトニンの濃度を高める働きをする物質です。(引用:トリプトファンの効果と食べ物!セロトニンを増やす?

 

さらに、太陽の光を浴びることや、ウォーキングなどの運動、呼吸の仕方を工夫するなどの方法もあります。セロトニンを増やして良質な睡眠につなげたいものです。