幸福感を感じさせてくれるのがセロトニンです

幸福感を感じさせてくれるのがセロトニンです

 

最近なんだか面白いことがないと感じている方は、もしかしたら体内のセロトニンが足りていないのかもしれません。

 

セロトニンは穏やかな幸福感を感じさせてくれる物質であるため、不足するとちょっとしたことで落ち込みやすくなったり、キレやすくなったりといった症状が現れてしまうのです。

 

昼夜逆転の生活がメンタル面に悪いということはよく知られていますよね。

 

これも一説には、セロトニンのバランスが崩れてしまうことで引き起こされると言われています。私も実を言うと、徹夜続きの時何となく体調が悪いと感じたことがあります。

 

睡眠は適度にとっているはずなのに、頭がすっきりせず常に疲れやすいといった症状がありました。心配事を重大に捉えがちになったりして、周囲に迷惑をかけてしまったこともあります。

 

セロトニンの分泌を良くするためには、規則正しい生活をすることが良いとされています。私も早起きをするようになってからは、大分体調が回復しました。朝日が健康に良いと昔から言われているのには、このようなセロトニンが関わっていた訳ですね。

 

セロトニンは別名幸福ホルモンとも言われており、恋愛やビジネス面でも大きな効果を発揮します。十分な量のセロトニンに分泌されていると、思考がポジティヴになり、ストレスやトラブルを冷静に受け止めることが出来るようになるのです。

 

セロトニンには記憶の選択効果もあるということで、良い出来事には特に意識を向けやすくなる訳です。まさに思考の悪循環から解放されるということでしょう。